さまざまな症状を専門歯科で治療する|幻の治療法を伝授

歯医者

手術が必要な歯

口腔外科では手術を必要とする歯科の病気を扱います。

白い歯

歯の抜歯が口腔外科でおこなわれます。また抜歯が必要となるむし歯で、炎症が顔・首・顎におよんだ場合には排膿など必要な外科処置が取られます。感染や外傷によって失われた歯の治療として義歯が作られますが、人工歯根を顎の骨の中で固定するインプラント手術も口腔外科で実施されます。 口腔外科では、交通事故などによる顔面の骨の骨折を修復するための手術がおこなわれます。また舌がんを初めとする口腔内の腫瘍を診断するために組織を採取する生検や摘除手術も実施されます。さらに口と鼻の内腔が適切に成長しない発育異常のためおこる口唇口蓋裂などの奇形の手術も扱われます。

顎の病気の治療もおこなわれます。

口腔外科では義歯を作るとき顎のずれがある場合に補正したり、時間が経った義歯の噛み合わせを改善するために顎の骨を補修します。上顎と下顎が適切に成長できない顎変形症では、会話や食べ物の飲み込みが難しくなったり息苦しくなることがあります。歯列矯正器具で補正できない場合には、口腔外科での手術が必要になることもあります。 頭蓋骨と下顎のすりあわせが悪いことによっておこる顎関節症は、関節の痛み・頭痛や顔面痛をおこします。薬物療法・理学療法やスプリントと呼ばれる器具によって改善しない場合には、手術がおこなわれます。また。睡眠時無呼吸症候群という眠っている間に呼吸が止まる病気の治療として、下顎の手術がおこなわれることもあります。